区分マンションで不動産投資をするメリット

区分マンションとは、マンションの一部分だけを所有することを指します。不動産投資を始めるためには何らかの不動産を所有しなければなりませんが、区分所有では土地他建物をすべて所有するのではなくて、マンションの一室だけを所有してそれを賃貸として貸し出すことを指します。 そのメリットはというと、比較的少額で不動産投資ができることです。一般的な分譲マンションであれば、普通のサラリーマンでもローンを組めば簡単に買うことができるでしょう。ですから、ハードルは低いと考えられます。 また、管理が楽だというメリットもあります。マンションを一棟所有すれば、敷地内のすべてを管理しなければなりません。例えば清掃だけでも非常に大変でしょうし、長期的に考えれば老朽化したときのための計画を立てておくことも必要です。いろいろなことをしなければならないのですが、区分マンションの場合、共用部分の管理については管理組合が行ってくれます。管理費を支払っておけば管理組合がすべて管理を行ってくれます。ですから、区分マンションは管理が非常に簡単で、どちらかというと初めて不動産投資をしようと考えている人にとっては魅力的な投資対象だと考えられます。

不動産投資 福岡
4001

住まいの相談

マンションの相談は住まいとは毎日当たり前のように住んでいるとわかりませんが、とても大切であり生活していくうえで住む者に与える影響力も大きいものです。転勤や住宅購入、家庭の事情で引っ越さなければならない時、次の住宅がどんなところにあるのか、周りの様子、ご近所にはどんな方が住んでいるだろうか、子どもの学校は近くにあるだろうか、といろいろな心配がつきものです。ある程度の条件を家族で話し合ったりして、そのあと不動産会社に行くことになると思います。今はインターネットで日本全国の住宅に関する情報を調べることはできますが、その土地の雰囲気やご近所の様子、どのあたりに学校やスーパー、駅があるか、駅の近くに自転車はとめらられるか、交通量はどうだろうかなどといった細かい情報までは、やはりご自分の目で確かめられたほうがいいでしょう。現地の不動産会社にいって相談することが大切です。

Copyright ©All rights reserved.区分マンションで不動産投資をするメリット.